テーマ:散歩的途上

国際版画美術館へ~市展

町田国際版画美術館へ久しぶりに行ってきた。今回はバスを利用した。バスカードに残高があったことを思い出して、運転手に尋ねたら「もう使用できない」随分久しぶりのバス利用ということだ。写真は美術館を南口から撮影。 バスターミナルから東へ歩き、途中「町田市民文学館」の脇を通った。いつもと違うルートである。町田は江戸期より文人、歌人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルボの語源ツルイイボ(蔓飯粒穂)説

この時期自宅周辺の道路沿い、公園、緑地で目立つ存在である「ツルボ」。七国山の先輩に名前を教わったが、その名前がスッと出てこない時期があった。つまり「ルツボ」がまず口について出てくるのだ。「人種の坩堝(るつぼ)」や「場内興奮の坩堝と化した」の「坩堝」だ。本来化学実験などで物質を溶解する場合に用いる耐熱性容器のことだ。一旦「るつぼ」と言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七国山(ななくにやま)撮影へ

10月号会報タイトル写真に先の定例活動で作った階段を 手前に木道を配置して撮れないかどうかと 思い立ち七国山へ出掛けた。 リス園前の駐車場からリュックに器材と飲み物を 詰め歩いて行った。ファーム七国山手前の ログハウスの前に「かわいい犬の親子」 おやおや、右のには角が生えてるぞ。 倉庫近くの「キチジョウソウ」先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森の丘キツネノカミソリ~開花から4日目満開

開花から4日目。満開。 花茎発芽から5日目にして満開とは例年より早い。 発芽時期が遅くむなったのを取り返すかの様だ。 昨夜の豪雨のせいか、花弁が数枚落ちている。 犬の散歩時に会った数名に開花していることを紹介した。 町田金井森の丘の「キツネノカミソリ」の観察写真は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森の丘キツネノカミソリ~開花3日目

金井森の丘、金井遺跡緑地隣の6号緑地のキツネノカミソリ。 開花から三日目。明日あたりが満開だろうか。 開花から満開までの日数は昨年は一週間であった。 町田金井森の丘の「キツネノカミソリ」の観察写真は今年5/10に 当ブログに昨年と今年の春の葉、昨年8/13の花茎発芽から 開花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森の丘キツネノカミソリ開花2日目

我が町金井森の丘6号緑地のキツネノカミソリは 3年前に緑地の隅に咲いているのを見つけて以来 3月の葉、八月の花と観察を続けている。 今年は春の葉は確認していたものの、8月の花を確認できず 寂しい思いをしていた。 一昨日蕾を確認、昨日二輪開花を確認していた。 そして今朝は写真のように6輪開花を確認できた。 今年お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネノカミソリ開花~一か月遅れ

昨年は8月13日花茎が伸び一週間後に満開になった地元金井六号緑地のキツネノカミソリは八月はとうとう花茎を見れず、隔年開花なのかと諦めていた。11日念の為と犬の散歩の途中立ち寄り桜の根元を見たら、なんとキツネノカミソリの花茎が五センチ程伸びているのを見つけ大喜びした。(下写真は9月11日撮影) 8日にまとまった降雨があったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンバンギセル(南蛮煙管)今年も荻叢に

イネ科の植物の根に寄生する「ナンバンギセル」の花期である。 ボランティア活動フィールドである七国山(ななくにやま)の 草地「ふれあい原」のオギ(荻)の叢根元に今年も咲いていた。 以前はこの時期草刈りの最中、藪の中に密やかに 一輪二輪と咲いているのを見つけてはメンバーで興奮するような 希少植物なのである。 ここ三年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーポー(Pawpaw)の実

七国山(ななくにやま)緑地保全地域の管理について都の担当部署との打合せを兼ねて、 七国山へ行ってきた。生憎の猛暑日ではあったが、 花期を迎えている「キツネノカミソリ」や「ナンバンギセル」を見たくなり、 今年2月以来初めて保全地域内にも立ち入った。 まずは風見鶏向いの市道から域内に入り珍果「ポーポー(Pawpaw)」の木。 大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサギ

草木染めに使われ、美しい浅葱色になる。浅葱色とは少し緑が入った水色で「浅葱幕」浅葱色無地の木綿幕。昼を表す背景として用いるほか、口上・大薩摩などのあとで振り落として一瞬のうちに舞台面を変えたり、引き幕や暗転などを用いず舞台転換をする場合に、舞台を隠すのにも用いるものだ。七国山で先輩会員に「これがクサギ」と教えられたのであるが、子供のころ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨウシュヤマゴボウ

七国山での下草刈りで、目立つ大型植物である。子供達がその実を潰して色水などにして遊んでいたものだ。散歩コースである自宅近く代官山坂上あたりで観察したものである。 ヤマゴボウ科の多年草。紅紫色の茎は2mほどになり,初夏から秋にかけて総状花序を作り、紅紫色の果実を付ける。 在来種のヤマゴボウはヨウシュヤマゴボウよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマユリ

先日の観察では足もとが不安で、咲いている場所まで行くことができなかったが、本日は安全に行けるルートを見つけたので、近くまで寄って撮影することができた。 七国山には沢山の花をつける植物があるが、ヤマユリは最も大きく優雅な花なのかも知れない。それがかえって災いしたのか元来この時期には場所を選ばずどこにも多くの花を競わせていたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑日のなか七国山へ

二年ぶり猛暑日のなか、日曜日に引き続き七国山へ向った。今回は会長のお迎え付、まずボタン園で事前打ち合わせを行い、その後某企業との打合せ・現地案内のためにファーマーズセンターへ移動した。グリーンシップアクションでお世話になっている企業であり、七国山緑地保全地域での社員研修の場として考えておられる様で、企業内CSR担当部署とは従来コンタクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定外来生物のオオハンゴンソウか?

その繁殖の凄まじさと特定外来生物法により特性外生物と指定されている 「オオキンケイギク」について会報の編集後記に書いていたら、 会員さんから似ているのを七国山で見たとの情報を貰った。 依頼により髭爺撮影のオオキンケイギクの写真を送ったら、 氏が見たのとは違うとのことであった。 後日七国山ファーマーズセンターまで所用で出掛け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカセンダングサ~ひっつき虫

子供の頃野原で夢中に遊んでいて、帰宅後「ひっつき虫」が ズボンの裾にいっぱいついているのに驚いたことも多く 嫌な思いをしたはずなのに、なぜか懐かしい植物である。 七国山で緑地保全地域の管理作業をするようになってからも、 スポン裾の他、袖元や軍手、トレッキングシューズの紐にもへばり付き、 取るのに苦労することもある。 北アメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘクソカズラ

よくもまあ、こんな名前を付けたものだ。 しかし、現実にその臭いをかぐと、かがざるを得ない状況に居る者には 糞だけでは足りないと十分に納得できる。 このつる草ではお隣さんが管理してくれず、我が家の庭に侵入してその臭いに迷惑して 今年も駆除をお願いしているという曰くつき植物である。 アカネ科ヘクソカズラ属の植物の一種。 別名ヤイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツブエノシメジ 

新入会員のための名札ホールダーを購入するために近所の百円ショップへ出掛けた。久しぶりの好天なので、カメラを首に掛けて出掛けた。途中調整池横青山街道の代官山側法面に茸を見つけた。帰宅後図鑑で調べたら「ツブエノシメジ」らしい。Melanoleuca verrucipes (Fr.) Sing 傘は径2.5~7cm、開けばやや中高の平らとなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマボウシの実

雪が積もったか、綿帽子を被せたように咲いていたヤマボウシに実が沢山ついている。赤く熟せば美味しく食べられるが、ほとんど鳥たちの餌になりそうだ。それとも目撃したことはないが夜間には小動物たちの宴会場になるのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキノタムラソウ

増刷した記念誌をお世話になっている箇所へ配付する為に訪ねた施設で、帰り際にこの植物は何ですかと質問された。シソ科の植物だが、明確に回答できず、帰宅後調べたら、どうやら「アキノタムラソウ」らしい。秋に咲くイメージの名前が付けられているが、6月の梅雨のさなかから開花しはじめ、初秋まで花が続くそうだ。山形県以西の本州、四国、九州、朝鮮・中国に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハタケシメジ

杖無しで歩き始めている。 しかし依然として歩き始めは覚束ない足取りであり、歩幅も狭い。 元気な時は逆の立場だったのに、小柄なおばあさんにもどんどん追い抜かれていく。 ちょっと悔しくて昨日無理して早く歩いたら、 自宅に戻ってから尾てい骨あたり、恐らく炎症起こしていた坐骨結節周辺だろうか、 不気味な鈍い痛みに襲われた。 本日はコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンゾウ

横浜時代に子供と散歩に行った川の土手に若葉の綺麗な葉っぱが群生していて魅せられてひと株庭に植えていてた。綺麗な朱色の花が咲き、その後庭で増殖していたが、東京へ引越時はひと株も持ってこなかった。 カンゾウは甘い味と食欲を誘うぬめりが特徴。さっと湯がいて水に浸してから、おひたしやあえものなどにして利用するのが代表的な食べ方。油…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネジバナ(捩花)

髭爺的植物定点観察地である調整池脇草地でネジバナが咲いていた。草刈り大好きな元自治会会長で現在は有志を募り環境ボランティアとして公園や緑地の草刈りを頻繁にやっている方が居る。70代の爺様であるが、ゴム製の前掛けを付け刈払機を操っている姿をしばしば見かける。リハビリを兼ねて散歩がてら出向き観察していた調整池脇草地の植物が様々な植物が花をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未央柳( ビョウヤナギ)

「ビョウヤナギ」、金糸梅と紛らわしい。 近くに寄り、長く伸びた雄蕊を確認してやっとそれと判る。 大きな黄金色の花を開く。雄しべの花糸は多数に分かれ、光り輝いて美しい。 もしかしたらこちらの方が「金糸梅」と名前が付いいたかもしれない。 未央柳とは、玄宗皇帝が最愛の楊貴妃と暮らした長安の未央宮に植えられていた柳の葉に似て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金糸梅

地元代官山坂にキンシバイ(金糸梅)が今を盛りと咲いている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルブクロ

印刷会社で見積書を貰い、帰りは別ルートをとった。 バス通りから丘へ登る途中の坂道の崖に ホタルブクロを見つけた。 我が町内の緑地でも見掛けたことがあるが、 こんな愛らしい花が普通に見られる町って素晴らしいと思う。 ホタルブクロ(蛍袋)とは、キキョウ科の多年草。 うつむいて咲く様も奥ゆかしくて好きだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コゴメウツギ

ココメウツギは繁殖力強く環境の変化に強い低木。寒さに強く、黄色をおびた白い花は米のように小粒だけれど、開花期には枝先が白く見えるほどまとまってつく花姿が綺麗だ。ウツギには種類が多いが、これはバラ科。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナビシソウ(花菱草)

近くの印刷会社へパンフレットと会報印刷の見積もり依頼をしている。 今日はその見積もり書と預けている出力サンプルを頂きに 散歩がてら、カメラをぶら下げて、杖をつき出かけた。 食欲はあるので普通に食べているのにもかかわらず 運動できないため、少しづつではあるが、 体重増加が気になりだした。 印刷会社はバス通り沿いで、TV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more